読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遺伝子はダメなあなたを愛してるを読んで鳩胸について考えた

鳩胸というのはグラマーなんじゃなくて羽ばたくための胸筋が発達しているということです。 鳩胸は、胸のサイズが小さいことだと思っていた。 中学にあがったころ、母親と下着売場にいった。 ブラを買うということで、店員さんのいうとおりに試着をすることに…

1分間マイケル・ポーター

「あらゆる企業は、競争から逃れることはできない。まじか~~。」 小6の娘が、私のかばんから飛び出していた本を読んでいた。小学校に行く準備ができ、妹たちを待っているときに、なんとなく読んでいるらしかった。 「マイケル・ポッターだって~。」 子供…

寒い日に顔ほっかほかスチーム温顔

雪がまうような寒い日にぴったりのリラックス方法を見つけた。名付けて、「顔ほっかほかスチーム温浴」。なんてことがない、お湯で絞ったタオルを顔の上に載せるだけ。でも、雑誌でみかけた方法を記憶を頼りに、タオルの温度を熱めにし、タオルは顔を包むよ…

STORY2月号を読んで40歳という年齢を考える

1月。成人式の数日前、ラジオで今年二十歳を迎える新成人が生まれた頃の音楽を流していた。全部知っている曲だった。この音楽が流れた頃、私は20歳。私、今度成人する子の倍生きているんだ。すごい年齢になったもんだと改めて感じる。去年40歳になったばかり…

箱根駅伝3連覇 青学トレーナー中野ジェームズ修一氏の「世界一やせる走り方」を読んでみた

2017年の箱根駅伝は青山学院大学が三連覇でしたね。強い! その青学のトレーナーである中野ジェームズ修一氏ですが、指導のほかに、執筆活動も取り組まれています。去年青学が優勝した頃、本屋さんで青トレ なる本が目立つところに並んでました。 青トレ: 青…

もう一度「新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング」 を読んでみる

さて、お正月3が日過ぎてから言うのもなんなんですが、やっぱり言いたいので書きます。 「新年あけましておめでとうございます。」 年始一発目の挨拶はやっぱりこれですね。 そして、今週のお題「2017年にやりたいこと」にのっかって、抱負を述べるとするな…